Event is FINISHED

NHK出版 学びのきほん『自分ごとの政治学』刊行記念オンラインイベント│これからの政治の話をしよう「死者」と「立憲主義」の視点から

Description

▼イベント概要

政治学者・中島岳志さん初の政治の入門書『自分ごとの政治学』。本書は、政治の歴史・概念・仕組みがいっきに理解できる、まさに基礎知識「だけ」を詰め込んだ一冊です。


本書の中で、中島岳志さんは、政治を自分ごととして捉えていくために、重要なキーワードを2つあげています。それが「死者」と「立憲主義」です。

対談相手は、内田 樹さん。政治と自分のつながりはどこにあるの? 自分なりに政治の「よしあし」を見極めるポイントって? 「死者」と「立憲主義」って何? 意外に理解できていない基本から、これからの政治への考え方まで、縦横無尽に語り合います

政治には関心があるけど、どこから学べばいいのか分からない――。そんな人へ向けて、まずはここから学びを始めるためのオンライン講座です。

▼開催概要

日時:2021年1月20日(水) 19:00〜20:30(予定)
質疑応答:あり
場所:オンライン(Zoom)お申し込み時に入力いただいたメールアドレスにpeatixより配信先のリンクをお送りいたします。
定員:500名(お申込み先着順となります)
主催:株式会社NHK出版
チケット費用:無料

▼登壇者紹介

内田 樹(うちだ・たつる)
1950年東京生まれ。東京大学文学部仏文科卒業。東京都立大学大学院博士課程中退。神戸女学院大学を 2011年3月に退官、同大学名誉教授。専門はフランス現代思想、武道論、教育論、映画論など。著書に、『街場の現代思想』(文春文庫)、『サル化する世界』(文藝春秋)、『私家版・ユダヤ文化論』(文春新書・第6回小林秀雄賞受賞)、『日本辺境論』(新潮新書・2010年新書大賞受賞)、『街場の教育論』『増補版 街場の中国論』『街場の文体論』『街場の戦争論』(以上、ミシマ社)など多数。第3回伊丹十三賞受賞。現在、神戸市で武道と哲学のための学塾「凱風館」を主宰している。


中島岳志(なかじま・たけし)
1975年大阪府生まれ。東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授。大阪外国語大学外国語学部地域文化学科ヒンディー語専攻卒業。京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士課程修了、博士(地域研究)。北海道大学大学院法学研究科准教授を経て、現職。専門は南アジア地域研究、日本思想史、政治学、歴史学。主な著書に『中村屋のボース インド独立運動と近代日本のアジア主義』(白水社/大佛次郎論壇賞、アジア・太平洋賞大賞)、『ナショナリズムと宗教 現代のヒンドゥー・ナショナリズム運動』(春風社/日本南アジア学会賞)、『親鸞と日本主義』(新潮選書)、『ガンディーに訊け』(朝日文庫)など多数。

⇒「学びのきほん」シリーズ情報はこちら
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#875934 2021-01-06 04:20:10
More updates
Wed Jan 20, 2021
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加チケット FULL
Organizer
NHK出版
496 Followers

[PR] Recommended information